« 初挑戦! | トップページ | ぬくもりクッキー »

2011年10月10日 (月)

深谷シネマ

今日は、深谷シネマでドキメンタリー映画「チェルノブイリ・ハート」と、肥田舜太郎さんの講演「ヒロシマ・ナガサキからフクシマへ」を聞きにいってきました。もちろん自転車で。

映画は、1986年のチェルノブイリ原子力発電所4号炉の爆発事故後、2003年にベラルーシで起っている悲しい現状を撮ったもの。現在でも、新生児の85%が何らかの障害を持って生まれてくるそうです。
何の罪もない子供たちが、たくさん犠牲になっている映像を間の当たりにして、とてもショックでした。
R0012756

94歳の医者の肥田さん。広島陸軍病院に赴任していた1945年に広島で被ばく。被ばく者救済にあたる。以後被ばく医療に携わる。
2時間ずっと立ちっぱなしで熱弁。94歳とは思えない。なぜアメリカは「内部被曝」を隠したのか、核を持つということだけで、どれだけたくさんの人を殺してきたか。一番印象的だったのは、「日本の政府には人権なんてない」という言葉。    
すべての日本の人に聞いてもらいたい。それが私の感想です。

R0012757


« 初挑戦! | トップページ | ぬくもりクッキー »

休日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1540226/42422745

この記事へのトラックバック一覧です: 深谷シネマ:

« 初挑戦! | トップページ | ぬくもりクッキー »

フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31